現在のビジネス

RMTとはどのようなものか

ドラクエ10などのオンラインRPGでは、キャラクターのレベルを上げたり、強力なアイテムを購入するためにお金を貯めたりするのには、バトルやクエストをいくつも消化し、かなりの時間を費やしてゲームをプレイする必要があります。 プレーヤーの中には、ドラクエ10などのゲームを長時間没頭してプレイできる環境の人と、そうでない人がいます。これらのプレーヤー間のレベルをてっとり早く解消する方法として、強いプレーヤーが弱いプレーヤーに、オークションなどを通じて、現実のお金でアイテムやアカウントを譲ることを始めたのです。 この行為を、RMTと呼びます。RMTとは、Real Money Torade(リアルマネートレード)の略で、文字通り、ゲーム内の通貨やアイテムを現実のお金を支払って入手することを言います。

業者を選ぶ際のポイント

ただし、ドラクエ10を初めとして、RMTは公式には禁止されているオンラインゲームがほとんどです。万が一、運営側にRMTを行っていることが発覚してしまうと、アカウントを削除されたり、同じ端末からは再登録ができなくなったりするなどのペナルティを受けてしまいます。特に、ドラクエ10の運営会社はRMTに対する規制が厳しいことで有名です。 このように規制されている中でRMTを行うには、RMT業者を利用する方法があります。RMT業者との取引は、RMT業者のホームページで公開されているアイテムなどの料金を事前に支払い、後日指定された場所で落ち合ったり、ゲーム内の郵便を利用して受け渡しを行います。この際、業者とバレない必要がありますので、慎重に行動してくれる信用度の高い業者を選択する必要があります。